24時間換気システム

空気を入れ替えることの重要性

家の中では建材や家具・ペット、当然人からも臭いの元となる物質も放出されています。これらの臭いがする家、その決定的な違いは家の気密性と計画的な換気システムにあります。

家の気密性が高くなると息苦しくなったり、臭いがこもるイメージを持った人はかなり多いと思います。高気密ではなく中気密の方がいいのではなんて思う人も少なくないでしょう。

しかしジョイ・コスは超高気密、高断熱なのに室内は常に正常に保たれ臭いもほとんど感じません。

これは計画的な換気システムがあるからなのです。新鮮な空気をどこから入れて、汚れた空気をどこから捨てるのかという計画上の話を現地での実測調整によりまさに思い通りに実現することができます。

24時間運転の換気システムにより室内の二酸化炭素を1000ppm以下に保ち、しかもモーター消費電力はわずか月260円程度です。

(第三種換気、消費電力12W電気料金30円/kwh)

換気には大きく分けて外部風や室内外温度差によって生じる自然換気(隙間風・湿気)とファンを使って強制的に行う機械換気があります。

当然のことながら自然換気は自然の力を利用して行う換気なので、外部環境の影響が大きく、その量を把握することも難しいといえます。

また、機械換気は、高気密化された建物であればどれくらい換気量があるか把握し、それらをコントロールすることが可能になります。

ですから、ジョイコス住宅システムは、気密レベルの基準を0.5㎠/㎡以下とし隙間における空気の出入り口を限りなくゼロに近づけることで換気経路を明確にするとともに、隙間風によって生じる無駄な熱ロスを極限まで抑えているのです。

ジョイコスの24時間換気システム

ジョイコス住宅システムの換気システムはスウェーデン製のダクトセントラル方式を採用しており第一種熱交換型と第三種の2種類があります。

第三種換気システム Flaktwoods

最大の特徴は、換気やトイレ、収納など家全体の換気を1つの換気システムでまかなう

という点です。

また、ただ設置しただけの換気設備ではなく、計画通りの換気がなされているか、現場で測定し量の調整まで行う計画軽量換気です。超高気密だからこそ実現できる健康で快適な空気環境をご提供します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です